【実録】アメリカ永住権(グリーンカード)への道のり③-3 (移民局-USCIS-編) 

就労ビザで渡米して、いつかは永住権を取得したい!でもどうやって取ればいいのかわからない。費用は?時間は?と悩んでいる方、就労ビザを更新するならいっそ永住権を取得したい!と思っている人や、ゆくゆくは永住権を取得したいと思っている方に、私の実体験を踏まえて説明したいと思います。

 

アメリカでの永住権の取り方はいくつかありますが、今回は現在私がプロセス中である、「会社がサポートしてくれる永住権」の取り方を自分自身の履歴を追いながら、現在の状況も説明していきます。 

皆様の参考になればと思います。

 

私のステータス
保有就労Visa:E1
期限:2016年~2021年 
家族:妻(日本国籍、永住権無し)、子ども1人(日本国籍、永住権無し)
目指す永住権:Employment Based(企業スポンサーによる)
カテゴリー:EB3
永住権プロセス開始日:2018年7月20日

 

 

さて、毎月のPriority Dateの更新を待ち望んでまだかまだかと毎日ウェブチェックをしていました。

ここで確認できます↓

The Visa Bulletin

 

2020年9月24日に公表された、2020年10月のVisa Bulletinの更新でついにI-140が完了している人全てがI-485の申請が可能ということになりました。

これを見て直ぐに弁護士に連絡して、アメリカ面接に切り替えることにしました。

 

アメリカ面接で必要な書類
・I-485
・USパスポートサイズの写真(6枚ずつ)
・健康診断
・大学・高校の卒業証明書
・資格の証明書(あれば)
・クレジットスコアのレポート
・健康保険の加入が証明できるもの
・資産・ローンに関する書類(あれば)
・身長・体重連絡

 

1つずつ仕上げて、提出していきます。←いまここ

 

ここまでが永住権取得開始から現在までの動きでした。

ここからは永住権の情報はリアルタイムでの更新となります。

あと一息か二息か、どうなるかまだまだわかりませんが、まだまだ頑張っていきます!!

 

うさ